若者会議の動き

【若者会議】最近の動きについて(全体会議)

2月26日に今年2回目となる全体会議を行いました。
今回の記事では、全体会議で共有した「最近の活動」についてご紹介いたします。

全国若者サミットへの参加

 今年1月30日に行われた「全国まちづくり若者サミット」(主催:一般財団法人日本青年館)にながさき若者会議も参加しました!

ながさき若者会議からは高校生、大学生から社会人と幅広い年代が参加

ファシリテーターである辻智子先生からは貴重なアドバイスをいただきました。

これまで、多くの若者会議を見てきましたが、ながさき若者会議は、みんながたくさんコミュニケーションをとって活動していることがわかりました。
 若者同士がしっかりと向き合って話し合っていると同時に、それぞれの活動と全体の活動をつなぐバランスを感じとることができました。
一方で、今後の課題としては、「市から委託を受けているコーディネーター役の岩本さんがいなくなったときにどのように進めていくか、維持していくか。」といったところが挙げられます。

頂いたアドバイスを踏まえて今後の活動につなげていきたいと思います。辻先生ありがとうございました!

FM長崎『Patagonia presents NATURE&FUTURE』への出演

https://twitter.com/fm_nagasaki/status/1497094260536926213


岩本諭さんと柳原沙紀さんが出演し「ながさき若者会議」の活動や長崎の地域や暮らしについてトークしました。

ながさき未来塾「理想の学校プロジェクト」(2月13日)

長崎の未来を考える、ながさき未来塾。
「未来」の象徴として「学校」をテーマに取り組む『理想の学校』プロジェクトのフォーラムに参加したメンバーの報告がありました。
「今、学校生活を送る学生たちの目には、「学校」がどのように映っているのか」を土台に、学生も大人も一緒に「学校教育」をテーマに意見交換を行いました。

<高校生>
・ 若者会議と違って色々な世代の人と「これからの教育をどうしていくか」について、意見交換を行うことができました。
<大学生>
・ みんなが意見を出したり、お互いの意見を尊重しあったりしてて、いろいろな考えを聞ける貴重な経験となりました。
<社会人>
・ 学生だけで自分たちの教育について話すセッションがあったんですが、そこでは大人たちがミュート・画面をオフにして、学生の声に耳を傾けている雰囲気が面白かった。
・ 全員前のめりで議論をしていて、教育に対して深まった議論ができたと思います。

終わりに


ながさき若者会議のメンバーは若者だけでなく、多くの団体と関わりながら様々な活動をしています。
今回紹介した活動以外にも毎月様々な活動をしていますので、『若者カレンダーを』チェックして気になるイベントには参加してみてください!

若者カレンダー

この記事を書いた人
きっしー
ながさき若者会議「8.9プロジェクト」所属。長崎生まれ、長崎育ちの二児の父です。