8.9プロジェクト

【活動紹介】8.9~Mokutou Reminder「これまでも これからも祈りの光を灯し続ける」

長崎に原子爆弾が投下された、8月9日11時2分。わたしたちは、「長崎が被爆したまちであること」や「平和の尊さ」を忘れない「きっかけ」をつくるために活動しています。この記事では8.9プロジェクトの活動をご紹介したいと思います!

プロジェクトについて

  • 8.9 Project Team
  • メンバー:5人
    (新規メンバー大募集!)
  • 発足:2021年9月

プロジェクトを通して実現したい未来

1945年8月9日11時2分、長崎に原子が爆弾に投下され、 多くの命が奪われたという事実を永久的に忘れず、 平和について考えるきっかけとなる日として受け継がれる未来。

解決したい課題

8月9日11時2分を思い出すきっかけが少なくなっているため、「長崎が被爆したまち」であることや「平和の尊さ」について、長崎から日本・世界へ発信できていない。

プロジェクトの内容

 8月9日11時2分を思い出す「きっかけ」をつくっています。

「次の8月9日11時2分」までの残り時間をつぶやくTwitterの作成

Twitterはこちら

一年に一度だけ、8月9日11時2分の5分前をお知らせするLINEアカウントの作成

8.9 Mokutou Reminder

該当するSDGsの分野

16.平和と公正を全ての人に

この記事を書いた人
きっしー
ながさき若者会議「8.9プロジェクト」所属。長崎生まれ、長崎育ちの二児の父です。